« 人間ドッグ | トップページ | 10系客車新製品 »

2018年8月 8日 (水)

スイカのヘルメット

 1ヶ月ほど前に舞い込んだ5年経験者に指導するという仕事がようやく終了。90分の時間が与えられていたが、途中で回復運転をしながら2分の遅延で無事終了。

 帰り道、関東地方を窺っている台風によるうねりが海岸に打ち寄せていた。遠くに台風がある場合、穏やかな海にゆったりとしたうねりが静かに打ち寄せてくる。しかし、台風のうねり特有の静かではあるが大きなうねり。海岸近くになると突然、高い波となりくだけ、白波へと変わる。陸地から波の進行方向に抗するように吹いている風に波頭が吹き返され、白いしぶきが後方へと流れる。見事な風景だ。途中で写真を撮っている人がいた。手元にカメラがあったら、私も思わず車を止めて撮っていたことだろう。

 また、途中で知り合いが前方をスーパーカブで走っているのが小さく見えた。遠くからでもはっきり識別できる。トレードマークの赤いつなぎ、そしてネットで購入したというスイカ柄の丸い緑色のヘルメット。スイカの上には芽も出ている。いつもこの格好をしている。一度目にしたら忘れられないことだろう。パワースポットというものがあるが、このスイカヘルメットに出会ったらよいことがあるかもと、勝手に信仰している人がいてもおかしくない。

|

« 人間ドッグ | トップページ | 10系客車新製品 »

その他」カテゴリの記事

コメント

猛暑が続きますが如何お過ごしでしょうか。さて平成最後の夏、先日は久々に指宿枕崎線の山川以西へ。開聞駅界隈で撮影後(あまりの暑さに)そのまま帰ろうかと迷いましたが車は枕崎へ向かっていました。こうなりますと南薩線巡りに入ります、とりあえず大好きな第三花渡川橋梁(跡)。川で子供たちが飛び降り水遊びの最中です、一人の少年が何を撮っているのか?と尋ねるので「君たちが泳いでいるすぐ後ろを列車が走っていたんだよ」と。彼は「ふぅ~ん」と関心なく勢いを付けてまた飛び降りました、当然の反応ですね。私は勝手に100型が川遊びする子供たちの背後を走る画を思い描いて次の目的地である久木野へ移動しました。

投稿: 夢幻鉄道 | 2018年8月 9日 (木) 00時05分

こんにちは。立秋を過ぎたとはいえ、まだまだ夏が続きますね。南薩を訪ねられたとのこと、昔を知る者にとっては懐かしい風景が蘇ってくる地です。夏に川遊びをする子供たち、その風景は変わっていないのですね。なんだか嬉しくなります。人口減少時代に入り、地方はますます疲弊していっている中、これからの日本の将来のカギは地方にあるような気がします。また、地方が元気になり鉄道網が張り巡らされる夢をみたいものです。

投稿: Nakachan | 2018年8月10日 (金) 07時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532263/67035766

この記事へのトラックバック一覧です: スイカのヘルメット:

« 人間ドッグ | トップページ | 10系客車新製品 »