« 暴投にならないことを | トップページ | スイカのヘルメット »

2018年8月 7日 (火)

人間ドッグ

 先月末、人間ドッグのため島にある医療センターに入場。職場のほとんどの人は鹿児島の医療機関で受診するようだ。転勤で来ている人ばかりなので、この機会に鹿児島へという気持ちがそうさせるようだ。もっとも転勤前に行き慣れた医療機関で継続して受診するというのも大きな理由のようだ。
 私は昨年に引き続き、地元の医療機関を選択。鹿児島で受診するとなると往復の交通費は当然自己負担、しかも移動にかかる時間も要してしまう。それを天秤に掛けると迷うことなく島でということになる。
 人間ドッグの受診料は補助が出るが、補助率はどんどん下がり、今回のドッグでは19004円の自己負担。最初に受けた頃は、1万円出しておつりがもらえるほどだったように記憶している。
 島の医療機関は方言にあふれている。この島の方言はあたたかく優しさが感じられる。相手を大切にする気持ちが言葉のトーンから感じられる。これを味わうだけでも島の医療機関で受診する価値がある。
 島での飲み会はこれまでの地域に比べるとビールの割合が高い。ビールがいくらでも用意されているので、最後までビールということが多い。飲み会も多いのでビールの摂取量もこれまでにないくらい増えている。因果、体重が増え、凹んでいたお腹も少し出てきてしまった。今回のドックでは、血液検査の結果にもこのことが反映されていた。まだ一部の数値が基準内ぎりぎりというレベルだが、このままの生活をしていたのでは基準からはみ出すのは目に見えている。
 解決策としては運動量を増やし、脂肪を燃焼させることと、それに伴い筋肉量を増やし基礎代謝を上げることが一番だ。以前は心掛けて時間を見つけてまとまった距離歩いていたのだが、最近は疎かになっていた。夕方、以前のように歩くようにした。ドッグショックによる危機感が歩を前へと進ませる。
 現在の仕事が退職となるまであと2年半。その後やりたいことが山ほどある。健康が保たれなければ全ては夢となって儚く消えてしまう。次の人間ドッグで成果が確認できるよう日々、取り組んでいくことにしよう。

|

« 暴投にならないことを | トップページ | スイカのヘルメット »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人間ドッグ:

« 暴投にならないことを | トップページ | スイカのヘルメット »