« 「国鉄時代」の巻頭写真 | トップページ | 14系足回り塗装 »

2018年9月28日 (金)

C5691号機の縁が今でも

 台風24号の進路予報が数日前から変わらず、まっすぐこちらに向かってくるようだ。今回はかなり警戒しなければならない。

 先日、種子島のある学校を訪れる機会があった。校長室横の壁に伯備線のD51三重連の写真が新聞記事と共に飾られていた。かなりの年代物である。記事を読んでみると、1976年、種子島にC5691号機が渡ったというテレビニュースを見て、その中で子ども達が実際に走っている蒸気機関車を見てみたいというコメントに応え、自身が撮影した写真10種類をパネルにして贈ったものだという。新聞記事は写真贈呈から30年を経て、10枚中4枚が小学校で展示されているということに感激した贈り主が、種子島を訪問してみたいというものだった。その記事も、今から12年前のものであった。贈り主は、浜松市の鉄道ファンだという。

Dsc_0425

|

« 「国鉄時代」の巻頭写真 | トップページ | 14系足回り塗装 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: C5691号機の縁が今でも:

« 「国鉄時代」の巻頭写真 | トップページ | 14系足回り塗装 »