« 14系台車 | トップページ | 14系連結器周辺パーツ »

2018年10月10日 (水)

14系床下ウェザリング

 蒸気機関車EX Vol34の吉松機関区C55の記事は、路線敷設や伸延などに伴う吉松機関区の位置づけ、それに伴う機関車の配置など、豊富な資料とともに記されており、非常に貴重なものだった。同誌で定石となる当時の乗務員などの関係者へのインタビューも興味深かった。蒸機廃止後相当の年月が経つ中、関係者が高齢化していくことは否めず、同誌による全国展開によるインタビュー記録は、鉄道の歴史記録としての価値が高い。

 14系の床下に軽くさび色に調色したエナメルを吹き、さらにエナメルの保護のためにつや消しクリアを吹いた。今回は、クリアの上に機器のみ軽くウェザリングマスターのさび色をのせてみた。オハフ14とスハフ15のもの。

Dsc_0941

 特急用車両ということで床下の汚れは控えめに。

Dsc_0943

 オハフとオハ。黒塗装のみだとディテールが埋もれてしまう。ウェザリングをするとほどよくディテールが浮き出てくるのも魅力。

Dsc_0944


|

« 14系台車 | トップページ | 14系連結器周辺パーツ »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532263/67261724

この記事へのトラックバック一覧です: 14系床下ウェザリング:

« 14系台車 | トップページ | 14系連結器周辺パーツ »