« 14系サボ取付 | トップページ | 14系貫通幌などの下地処理 »

2018年11月11日 (日)

14系側面行き先表示交換

 14系の行き先表示を「名古屋行」に交換。工場出荷時に取り付けられていた踊り子のパーツを内側から押し出し、新たにベースとなる白いパーツを外側からはめ込む。そして、その上にシートから切り出した表示を貼り付ける。角のRが付いているので、ほんの少し直線上に角を斜めにカットしてそれらしく。

Dsc_0715

 行き先表示には「あかつき」の長崎行きと佐世保行きもある。「あかつき」は肥前山口まで長崎行きと佐世保行きが併結されて運転される。こちらだと九州の駅名が表示され九州特急らしくなる上、途中で切り落としという運用ではないので、双方が独立した列車として運転を楽しむこともできる。最初に6両を導入した際、増結予定はなかったため「金星」の西鹿児島行きとしたが、シートに熊本行きが含まれていないため、「金星」とすると名古屋行きとしか表示できない。ゆくゆくは「あかつき」に変更するかも。

Dsc_0714

 貫通幌と扉、乗務員室を取りはずした。次は、この作業に入ろうと思う。

Dsc_0713

|

« 14系サボ取付 | トップページ | 14系貫通幌などの下地処理 »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 14系側面行き先表示交換:

« 14系サボ取付 | トップページ | 14系貫通幌などの下地処理 »