« 14系通風器取付 | トップページ | 製品化は嬉しいのですが »

2018年12月11日 (火)

再読

 今日の鉄分は、もう3度ほど目を通すことになる和田洋著「客車の迷宮」。買い込んだ書籍もかなりの数になり、新しく購入するも保管場所に困るといった状況になってしまった。おもしろい本は、何度読んでもおもしろい。記憶力があまりないのが幸いして、何度読んでいても新鮮みがある。その前は、これも再読となる「新幹線をデザインする仕事」。

 職場で、玄関に掲げる職場名を記すイチョウの一枚板をいただいたので、その作業を少しずつ進めている。長さ80㎝ほど、厚みが5㎝強の立派な一枚板。表面は仕上げ済みでつるつるの状態。ウッドデッキ用の透明処理剤を塗布。乾燥後塗り重ねることで艶が出てきた。文字の大きさは、紙を任意の大きさで裁断し、並べて検討した。
 文字はアクリル板の切り抜き文字を外注することにし、ネットで注文。丁寧で迅速な対応で、メールで送られてきた原稿を実寸大に拡大し、実際の板の上で確認し、若干の修正をしてもらい、発注確定とした。

|

« 14系通風器取付 | トップページ | 製品化は嬉しいのですが »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再読:

« 14系通風器取付 | トップページ | 製品化は嬉しいのですが »