« 宮崎からの帰路 | トップページ | 113系車番インレタ貼り »

2019年8月25日 (日)

113系1500番台の下調べ

 昨日は、地区の夏祭りがあった。準備は壮年部が担当する。午後1時に集合。公民館から舞台用のコンパネやテントなど搬出し、会場となる運動公園へ。運動公園の椅子や長テーブルを運び出し、舞台のバックに使用するサッカーゴールポストの移動など準備。手伝いが多かったので、思いの外短い時間で準備完了。周辺では、出店の準備も進む。一旦解散し、夏祭り開始1時間前に再集合し、最終的な仕上げの準備。定刻通り、午後6時にスタートした。途中1時間ほど歌謡ショーがあった。かなり年配な方々が出演。懐かしい歌をということだったが、懐かしさを通り過ぎて知らない歌ばかり。化石のような歌ばかりだった。心配された天気は最後の花火のときになって崩れてしまった。雨の中での花火となってしまった。それまでもってくれたのは何よりだったが、片付けの段階になると本格的な雨に。その後、土砂降り。みんな濡れ鼠。家に帰ってゆっくりしたいところだが、公民館で慰労の飲み会をするという。みんな元気だと思う。
 しばらく寝かせることになったトミックス113系1500番台の作業に入りたいと思う。作業に入る前にいくつか確認しておいた。113系は1962(昭和37)年に登場した111系を基本とした系列で主電動機MT46形の出力を20%増強したMT54を装備。加速性能を向上させ中距離輸送の主力形式となった。1500番台は、横須賀線・総武快速線直通運転開始に伴う輸送力増強が目的で1979(昭和54)年に登場。全車が大船電車区、幕張電車区に配置された。1500番台は、シートピッチが拡大され、ヘッドライトとタイフォンの位置がわずかに高いという特徴がある。1984年の車輌配置表により、製品のインレタで幕張電車区配置は次の番号であることを確認した。クハ111(1505、1506、1605、1606)、モハ113・モハ112(1519、1520、1521、1522、1523、1524)、サハ111(1510、1511)、サロ110(1273、1275、1276)。この中から選び、インレタ貼付を⑪クハ111-1506⑩モハ113-1522⑨モハ112-1522⑧サハ111-1511⑦モハ113-1523⑥モハ112-1523⑤サロ110-1275④サロ110-1276③モハ113-1524②モハ112-1524①クハ111-1606とすることにした。検査表記は、1回目の全般検査の前として川崎重工での新製配置時の表記、配置は千マリ(千葉鉄道管理局幕張電車区)。

|

« 宮崎からの帰路 | トップページ | 113系車番インレタ貼り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宮崎からの帰路 | トップページ | 113系車番インレタ貼り »