« 妙楽十二楽 | トップページ | 歩け歩け »

2019年10月13日 (日)

山神(やまんかん)の響炎

 日中は市民運動会があり、参加してきた。かつて南薩線が砂地を駆け抜けた松林が一望できるグラウンドだ。廃止から35年がたち、そのような目でこの松林を眺めている人はいないだろう。9時に開会式が始まり、2時には閉会式。これくらいがちょうどよい。昼からの時間も少しばかり使うことができる。
 夕方より、山神の響炎という行事に行ってきた。既に17回目を数えるというが、今回が初めて。会場近くにはまとまった駐車場が確保できないため、数カ所の駐車場所を回る数台のマイクロバスによるシャトルバスの運行となる。会場までそれほど遠くなく、台数もあるのでそれほど待つことはないようだ。町おこしのイベントのようだが、思った以上の規模で来場者も多く、出店も多く賑わっていた。ステージも多彩で途中で花火の打ち上げもあり、飽きることがない。毎年楽しみにして訪れる人も少なくないだろうと感じた。ステージが始まり1時間ほど経った午後6時に松明への点火式があった。合図とともに辺りの田畑などに準備された松明に火がともされ、幻想的な風景が広がった。

Dsc_0661
Dsc_0660
Dsc_0663

|

« 妙楽十二楽 | トップページ | 歩け歩け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 妙楽十二楽 | トップページ | 歩け歩け »