« 今後の展開が楽しみな80分の1 | トップページ | 須田寛氏の本 »

2020年1月26日 (日)

80系にサボ貼り付け

 天気を見ながら昼前に健康寿命を延ばすためのインターバルウォーキングを行ってきた。今日の距離は5.6キロ。およそ1時間。3分交代で速歩と並歩を繰り返す。先日、スマホにインターバルタイマーのアプリを入れた。指定したインターバルで音声にて知らせてくれるので助かる。帰宅すると筋肉強化のために乳製品をとる。午後になると雨が降り出したので、よい選択だった。
 昨日から今日にかけて、キハ80系にインレタとシールを添付する作業を行った。前にも記したが、カトーの80系の検査表記や所属表記は、インレタの粘性が高く、すぐにボディに付着するので作業がやりづらい。一発勝負といった感がある。1号車から9号車まで、号車番号やサボも貼り付けた。サボを貼り付けると車輌が列車となり、生き生きとしてくる。そんな変容を楽しむことができる作業だ。ドア付近のサボ受けにサボを取り付ける作業をしながら、ホームにエンジン音を響かせながら停車している姿を想像する。車輌の整備も鉄道模型の楽しみのひとつだと改めて思う。右は9号車のキハ81、左は8号車のキハ80。列車設定は、上野・秋田間の特急「いなほ」。

Dsc_0108

|

« 今後の展開が楽しみな80分の1 | トップページ | 須田寛氏の本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今後の展開が楽しみな80分の1 | トップページ | 須田寛氏の本 »