« 1964年9月号時刻表から(1) | トップページ | 1964年9月号時刻表から(2) »

2020年2月 2日 (日)

KATOのEF81

 終日、職場の樹木の枝打ち及び剪定作業が入った。大きくなっている樹木が相当数あり、ほとんどの樹木に手が入ることになりそうだ。それとは別に敷地を囲む生け垣も別口で延べ1週間ほどかけて低く切りそろえる作業をしてもらった。お陰で見違えるようにすっきりなった。今日は、風もなく天気も穏やかで作業がしやすかったと業者さんが語っていた。天気に恵まれ、作業も進んだようだ。
 KATOのEF81が届いた。これまで車輌の側面図が描かれたパッケージだったのが、新しいデザインになっていた。車輌とともにグレードアップパーツも届いた。

Dsc_0187
 車輌に入っている後付け部品は、ナンバーとメーカーズプレートぐらい。それだけ取り付ければ、すぐに運転できる状態となる。ナンバーやメーカーのプレートはプラブロックを車体の凹部にはめ込むだけのお手軽設計となっている。
Dsc_0189
 手すりは正面運転室窓下と尾灯横は取り付け済み。グレードアップパーツの手すり取り付け部には、小さな凹がありピンバイスで貫通させて差し込む構造になっている。さて、グレードアップパーツを使ってどのような仕様にするか決めなければならない。個性を出すことを考えると、常磐無線アンテナを備えた田端機関区仕様だろうか。碍子もパーツにある白を使用することができる。定価税別3000円也のグレードアップパーツを出来るだけ使わないと損という貧乏人根性が顔を覗かせてしまう。
Dsc_0191

|

« 1964年9月号時刻表から(1) | トップページ | 1964年9月号時刻表から(2) »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。
KATOのEF81を購入されたのですね。グレードアップパーツがなければこの場合物足りないですね。いくら本体価格を抑えたかったとはいえ、EF510のようにはいかなかったですね。
ピンバイスの貫通がうまく行きますように。
(手先が器用でない当方はピンバイスではなくルーターを使用しています。)

投稿: ひょうたん2号 | 2020年2月 3日 (月) 19時44分

ひょうたん2号さん、こんにちは。
ルーターを使用されているらっしゃるのですね。皆様の書き込みが大変参考になります。T社製の機関車の価格が高くなっていますが、それに比べてKATO製は低価格とはいえ、EF510のようにはいきませんでしたね。

投稿: nakachan | 2020年2月 3日 (月) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1964年9月号時刻表から(1) | トップページ | 1964年9月号時刻表から(2) »