« オハ61系 | トップページ | 志村さんの死に思う »

2020年3月29日 (日)

KATOのEF81動輪塗装

 新型コロナウイルスの今後が見通せない。世界に広がる新型コロナウイルス、国単位でしっかり封じ込めていかなくてはならない。そのためには、一人一人が主体者として対応していくことが必要だ。国の対応がどうだとか自治体の対応がどうだとかいう前に、国民一人一人が正しい判断の下、責任ある行動をとることが大切だと思う。今回のウイルスは、自他の命に関わる問題だ。と同時に全世界の経済への影響が大きく、健康だけの問題ではなくなってきている。いろいろな意味で現在の社会への警鐘を促す新型コロナウイルスの蔓延だ。どうにかこの危機を乗り切り、同様の危機に対応した新たな社会の構築に向けて人間の知力を結集して欲しい。
 KATOのEF81の車輪にセミグロスブラックを吹いた。塗料の食いつきをよくするためにミッチャクロンをし下地として吹いてある。車輪は、車両をレールにのせる際、あるいは脱線などの際にレールと金属同士の接触により傷つきやすい。基本的に車輪を塗装した車両はリレーラーを用いて、車輪とレールの側面が不用意に触れないように気を遣っている。これまではさび色を直接吹いていたが、今回はブラックを吹き、その後にさび色をのせることにした。実物写真を見たとき、ベースの黒の上にさび色がのっている感じがし、単色でさび色を塗装してもその感じが表現できないのではと思ったからだ。

Dsc_0962

|

« オハ61系 | トップページ | 志村さんの死に思う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オハ61系 | トップページ | 志村さんの死に思う »