« プランターのレタス | トップページ | 異動に思う »

2020年3月 2日 (月)

ストレスチェック

 先日購入した鉄道時計をいつも持ち歩いている。ポケットから取り出し、時刻を確認するとき鉄分を十分補給することができる。正確な時刻での運転が際だっている日本の鉄道。その正確さを支えている鉄道時計からは何とも言えない信頼感が伝わってくる。信頼感はその重量感や質感からも伝わってくる。写真は新旧鉄道時計。左側は以前紹介したことのある実際に鉄道現場で使われていた鉄道時計。裏には鹿鉄局の刻印がある。ねじを巻けばまだ動く。
 時計の秒針の正確な刻みは、人間の心臓の鼓動と似たところがある。最近、スマホにストレスチェックのアプリを入れた。スマホのカメラに指先をつけ、スマホの照明で照らされた指先の血流を測定する。脈拍の速さ、脈拍のゆらぎをアプリが解析し、ストレス度合いを数値化する。しばらく使ってみたところ、精神的なストレスというより肉体的なストレス測定になるようだ。というのもお酒を飲んでリラックスしていても、アルコールでどくどくといつもより早い鼓動となるとストレス数値がぐんと上がる。確かに、気分的にはリラックスしていても体は心臓の動きが早くなり、かなりストレスをかけていると感じる。長く使ってきた体である。いたわってあげないといつ不具合が起こるか分からない。先日の毎日1杯のお酒でも癌のリスクが高くなるという新聞記事とともにお酒を控えるいい材料になりそうだ。お陰で今夜もお酒を入れずに済んだ。ストレスチェックの結果は良好であった。

Dsc_0756

|

« プランターのレタス | トップページ | 異動に思う »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プランターのレタス | トップページ | 異動に思う »