« レム5000作業(2) | トップページ | レム5000作業(4) »

2020年5月10日 (日)

レム5000作業(3)

 車体をランナーから切り出しました。ランナーからぎりぎりで最初から切るのではなく、余裕を持って切り切り離した後、2段階で切るのがよいそうなので、そのようにしました。板キットになっています。プラですが、厚みは薄くなっています。組み上げを容易にするため、箱状のガイドが付いています。それに貼り付ければよいとのこと。切り出した後、キサゲで切り口の仕上げを行いました。

Dsc_0614
 箱状のガイドに貼り付け、組み上げました。説明書にあった接着剤を用いています。一部浮いてくる場所がありましたので、輪ゴムで固定しています。組み上げる前に両サイドの手すりを取り付ける穴8箇所を裏側の凹みに合わせてあけておきます。他の穴はあいています。この部分は片側ブレーキ仕様にできるようにするための対応のようです。
Dsc_0615
 2両分を箱にしました。塗装済みキットもあります。このボディのみが白で塗られているようです。今回組んでいるキットは無塗装です。
Dsc_0617

|

« レム5000作業(2) | トップページ | レム5000作業(4) »

鉄道模型」カテゴリの記事

レム5000」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レム5000作業(2) | トップページ | レム5000作業(4) »