« EF81屋根ウェザリング | トップページ | KATOのEF81出場 »

2020年5月 3日 (日)

EF81ランボードウェザリング

 久々のお湿り。いつもの大型連休なら天気がまず気になるところ。しかし、今年はあまり気にならず。住宅の前庭敷いてある砂利の間から出てきている草の撤去も昨日までに約半分まで迫ろうとしている。最初は気の遠くなるような作業だと思っていたが、こつこつやっていると進むものだ。これは鉄道模型の作業でも言える。長編成の列車など、いつ終わるんだろうかと思いながら始めるも、こつこつとやっていると案外思っていたより早く済んでしまう。
 KATOのEF81のランボード。写真が少々暗くて実際の色調より黒っぽい感じに見えてしまっているが、フラットアースを吹いているので実際はもう少し明るい色。

Dsc_0452
 マスキングテープを剥がすとこんな感じ。パンタシューの摩耗の飛散などの汚れ。エナメルを吹いているため、保護のために水性のつや消しクリアを吹いておいた。
Dsc_0454
 前から購入しようと思っていたKATOのサウンドカードが、ジョーシン電機にて5月3日までの期間限定で安くなっていた。この機会にと注文しておいたカードが今日、届いた。在庫品だけでなくお取り寄せも含まれていたため、10日間ほどを要した。今回ウェザリングの加工をしているEF81をはじめ、EF65、DD51、飯田線の旧型国電、115系/117系、485系の6種を購入。これで13種の音を楽しめることになった。新しいサウンドカードとして8620形もアナウンスされている。サウンドボックスは、実際に走行させなくても、テーブル上のレールに車両をのせ、停車中に発するサウンドを出すだけでも効果抜群。車両基地やホームで停車中の生き生きとした車両の雰囲気が伝わってくるのがよい。
Dsc_0455

|

« EF81屋根ウェザリング | トップページ | KATOのEF81出場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« EF81屋根ウェザリング | トップページ | KATOのEF81出場 »