« 床下機器にサーフェイサー | トップページ | 枕カバーのための白色塗装 »

2020年7月28日 (火)

床下機器にねずみ色1号

 ようやく九州南部が梅雨明けしました。朝から青空が広がり、時折雲が多くなりましたが、午前11時頃「九州南部が梅雨明けしたとみられる」と気象庁が発表しました。しかし山形方面では水害が発生し、まだまだ梅雨の驚異は日本列島に居座ったままです。
 コロナや引き続き梅雨の影響で、ウォーキングを控えていましたが、ようやく再開しました。5キロほどを並足と速歩の3分間インターバルで歩いています。日差しを避けるために松林のコースを新たに加えました。海に行き当たったところでUターンして戻ってきます。この道は、北朝鮮拉致被害者のカップルが自動車を置いたまま行方不明になったところです。今でも、情報提供を求める看板が砂浜への小道脇に立っています。そのような過去のある人気のない道を歩くのは少々心許ないのですが、森林浴をしながら日差しを避けられるメリットは大きく、快適な小径です。
 キハ80系「いなほ」の下回りに、ねずみ色1号を吹きました。プラ成形色のてかてかしたグレーからぐっと落ち着きました。

Dsc_0024
 取りはずして塗装したエンジン部分です。縦置きエンジンを特急用に横置きにしたことから初期故障が多発したとか。取りはずすと塗料が回りやすくなり、塗装が楽になります。
Dsc_0026

|

« 床下機器にサーフェイサー | トップページ | 枕カバーのための白色塗装 »

鉄道模型」カテゴリの記事

キハ80系「いなほ」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 床下機器にサーフェイサー | トップページ | 枕カバーのための白色塗装 »