« ワラ1作業(その8) | トップページ | ワラ1作業(その10) »

2020年7月19日 (日)

ワラ1作業(その9)

 年に1回行われる日本三大砂丘の一つ、吹上浜クリーン作戦に参加してきました。打ち上げられているゴミの中にペットボトルが多いことに驚かされます。プラごみが海洋汚染の大きな問題になっています。一見、きれいな海に見えますが、人間がはき出したゴミのるつぼになっているようです。水害などで海洋に流れ出すことは理解できますが、その他の理由で海洋にごみが漂う原因があるのでしょうか。
 ワラ1の扉にさび表現を入れました。最初、エコーのウェザリングベンガラを使用しましたが、タミヤのウェザリングマスターの方が使いやすかったので、こちらを利用しました。写真で拡大するとぼろが目立ちますが、肉眼で見るとそれほどではありません。現役の貨車は結構、さびが浮いた状態のものも多かったようですので、その雰囲気を求めてみました。

Dsc_0952

|

« ワラ1作業(その8) | トップページ | ワラ1作業(その10) »

鉄道模型」カテゴリの記事

ワラ1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワラ1作業(その8) | トップページ | ワラ1作業(その10) »