« ワラ1作業(その9) | トップページ | ワラ1作業(その11) »

2020年7月21日 (火)

ワラ1作業(その10)

 下回りにカプラーを組み込み、さらに車輪を取り付けました。7両のうち、2両について片側の軸受けと車輪の軸がかたく、スムーズに回転しないものがありました。最初は、塗料などの影響で軸受け関係のプラ部品が曲がってしまったのかと思いました。他の車輪を調べてみると、緩さに個体差があることが分かりました。どうも車輪と軸端の距離が若干、短いものがあるようです。緩い車輪とかたかった車輪を交換すると、うまく回転しました。初期に購入した車両と再生産で購入した車両に違いがあったのではと推測しています。何はともあれ、7両とも運用に入る性能を有し、ほっとしました。

Dsc_0997
 違う角度から。どうも光を当てると、ウェザリングマスターの粉をすりつけたところが少し大げさに発色して写ります。肉眼ではそこまでないのですが。
Dsc_0998
 レム5000のときと同じように、カプラーにウェザリングマスターのさび色をまぶしています。これで足回りの作業は終了です。
Dsc_0999

|

« ワラ1作業(その9) | トップページ | ワラ1作業(その11) »

鉄道模型」カテゴリの記事

ワラ1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワラ1作業(その9) | トップページ | ワラ1作業(その11) »