« エンジン取り付け | トップページ | 再生産の貨車到着 »

2020年8月29日 (土)

運転席マスキング

 キハ80系「いなほ」の作業は、時間やそのときの状況に応じてあっちに手を付けたりこっちに手を付けたりです。
 キハ80系「いなほ」の運転室です。キハ81はキハ82に比べると窓が細く、あまり運転席は見えない感じですが、最小限の塗装はしておこうと思います。モールドの薄緑色は室内ですので、そのまま生かすことにしました。マスキングをする前に中性洗剤で剥離剤を除去してあります。

Dsc_0249
 こちらはキハ82900の運転室。これまでのキハ82と同じと思いきや、基盤ユニットの関係なのか新規の型になっていました。大きな違いはメーターパネルが細くなったこと。一応、メーターのモールドは浅くなされています。一方のメーターパネルの高さが高く取ってあるキハ81にはメーターのモールドはなしでした。
Dsc_0250
 数年前に作業したキハ80系「おおぞら」の窓越しに見た運転席。小さくなったメーターに色を差すことができるのかどうか。自信がありません。
Dsc_0203_s

|

« エンジン取り付け | トップページ | 再生産の貨車到着 »

鉄道模型」カテゴリの記事

キハ80系「いなほ」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エンジン取り付け | トップページ | 再生産の貨車到着 »