« 通票閉塞 | トップページ | 住宅草払い »

2020年9月29日 (火)

定期点検

 先週末、自家用車の定期点検に行ってきました。ディーラーの点検パックに入っていますので、半年に1回の点検を確実に行うことができます。この車も県内を転々とし、新製配置から数えて現在の場所が4箇所目の配置場所となります。点検を待つ間いつものことですが、そろそろ買い替えをどうですかと営業マンから勧められ、カタログをもとに安全装備についての説明を聞かされました。社交辞令として興味を示すと今度は、是非試乗をしてみましょうと、車上の人となることになりました。確かに安全装備など格段に進歩しており、特に4箇所のカメラによる運転支援やスマホと連動したシステムなど、一昔前の車と比べると正に未来の車という感覚です。買い替える気持ちは全くありませんが、世間話で点検を待つよりずっと有意義な時間となりました。
 点検の結果、冷却水が半年で1リットルほど減っていることが分かりました。圧力をかけても漏れ出るような場所がないことから、エンジン内で漏れているのではという話しでした。それを修理するとなるとエンジンを下ろし、関係部品を交換することになるそうです。丁寧に参考までにと見積書まで作ってくれました。まだ、様子を見ながらでもいいということなのでほっとしました。見積金額は軽く20万円を超えるものでした。
 引き続き昨日、今度は自身の定期点検に行ってきました。人間ドックです。車の感覚器官は進歩する一方ですが、こちらの感覚器官は衰える一方で、視力や聴力の低下が見られました。経年劣化で仕方がないのでしょう。修理?が可能か、近いうちに専門医を受診してみようと思います。一部、所見があったとのことで来週もう一度病院を訪ねることになりました。買い替えのできない体ですので、だましだまし大切にしていかなくてはなりません。

|

« 通票閉塞 | トップページ | 住宅草払い »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 通票閉塞 | トップページ | 住宅草払い »