« キハ47連結面 | トップページ | 新年おめでとうございます »

2020年12月31日 (木)

大晦日の南薩線上日置駅

 令和2年も今日限り。コロナ禍の1年となりました。歴史の中の出来事という認識のあった大震災、大津波、火山災害、大水害、そして原発事故。今年はとうとう疫病の世界的パンデミックが加わり、地球の歴史の中では一瞬のわが人生の中で、これだけの大災害が起ころうとは思いもよりませんでした。あとはカルデラ噴火、巨大隕石衝突でしょうか。自然の中では本当に人間は無力だと思います。しかし、一方でそれを克服する人間の力には圧倒的なパワーがあります。是非、コロナ禍を克服し、これまでよりよい世界を創造し、人間の力を後世に伝えられるそんな歴史を現世を生きる人々で遺していけたらと思います。
 今日、久しぶりに南薩線上日置駅跡に寄ってみました。地元のNさんが精力的に整備に当たっていらっしゃいます。この駅名標も復元されました。南薩線特有の書体を再現しています。私の母は、この駅から3年間高校に通っています。その途中で蒸気機関車けん引列車からディーゼルに代わったといいます。

Img_1511
 伊集院側から見た上日置駅の全景。給水塔にホーム、右側はスイッチバックの引き上げ線。ホームも残っています。引き上げ線は永らく、藪に覆われてその存在すら認めることができないような状態でしたが、土木業を営むNさんの力で、見違えるようになりました。
Img_1508
 日置駅側からの全景です。本線側は勾配途中にホームがあります。左側がスイッチバックの引き上げ線。構内でかなりの高低差が生じます。昨晩から雪が舞い、早朝にはここ上日置駅跡もうっすら雪に覆われていたと思われます。南薩線の遺構の中でもっとも現役当時の姿が遺っている場所です。
Img_1526
 本年も、鉄分やや高めのNakachan日誌にお付き合いいただき、ありがとうございました。来年も、鉄分を補給しながらの日常を綴っていきたいと思います。どうぞ、よろしくお願いします。

|

« キハ47連結面 | トップページ | 新年おめでとうございます »

鉄道」カテゴリの記事

南薩鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キハ47連結面 | トップページ | 新年おめでとうございます »