« 24系25形車番転写 | トップページ | 24系25形「彗星」インレタ転写終了 »

2021年2月 1日 (月)

24系25形車番転写続き

 16番の車両はその大きさ故、保管や収納が課題ですね。車両数が若干増え、切実な課題になってきました。かつて趣味の条件として物が増えないことを条件にあげている知人がいました。確かにそういう視点もあるなと思います。若いうちはそこまで考えませんが、いずれ終活を考えなくてはならない時期になると、確かにそういうことも考慮に入れる必要があるなと思います。
 仕事から帰ってきて、24系25形0番台の車番インレタ転写を2両行いました。細かい作業もいつまで続けられるかなと思います。作業をしながら、はやり80分の1の大きさは量感として、模型とはいえ鉄道車両を自ら保有しているという喜びは味わえるのかなと思います。
 KATOの車両はバランスがよく、コストパフォーマンスも優れています。トミックスは、車番がメタルインレタだったり、豊富な車番やシールが揃っていたりして、ファンには有り難いのですが、その分価格の上昇が顕著。最近の価格上昇にはさすがについていけないとことがあります。細かい仕様まで作り分ける拘りは理解できるのですが、16番鉄道模型ユーザーの裾野を広げることも大切かと思います。

Img_1722

|

« 24系25形車番転写 | トップページ | 24系25形「彗星」インレタ転写終了 »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 24系25形車番転写 | トップページ | 24系25形「彗星」インレタ転写終了 »