鉄道模型

2021年2月 3日 (水)

24系25形「彗星」インレタ転写終了

 保険のおばちゃんがやってきました。退職を機に、見直しをすることにしているのですが、なかなか手強い相手です。あの手この手で不安をあおってきます。その手に乗らないことにしていますが、あちらはあちらで営業の手前、必死です。営業トークはどうも苦手です。
 彗星の基本編成のインレタ転写が終わりました。1両のみ、オハネの「ネ」の最後の点が転写されないトラブルがありました。オハネをいったんテープで剥がし、転写し直しました。それ以外は順調に進みました。オハネフ2両です。1両は編成中に没ししてしまうことになります。「彗星」は寝台特急にふさわしい名称ですね。県都ではなく、「都城」行きというところが泣けます。最後の蒸気機関車牽引急行となった「日南3号」も「都城」行きでした。広大な敷地を誇った都城駅構内も今は昔となってしまいました。

Img_1732
 いい造形です。インレタ転写が終わりましたので、現役仕様にするための工場入場まで、しばらく箱入り娘となってもらうことになります。
Img_1733

| | コメント (0)

2021年2月 1日 (月)

24系25形車番転写続き

 16番の車両はその大きさ故、保管や収納が課題ですね。車両数が若干増え、切実な課題になってきました。かつて趣味の条件として物が増えないことを条件にあげている知人がいました。確かにそういう視点もあるなと思います。若いうちはそこまで考えませんが、いずれ終活を考えなくてはならない時期になると、確かにそういうことも考慮に入れる必要があるなと思います。
 仕事から帰ってきて、24系25形0番台の車番インレタ転写を2両行いました。細かい作業もいつまで続けられるかなと思います。作業をしながら、はやり80分の1の大きさは量感として、模型とはいえ鉄道車両を自ら保有しているという喜びは味わえるのかなと思います。
 KATOの車両はバランスがよく、コストパフォーマンスも優れています。トミックスは、車番がメタルインレタだったり、豊富な車番やシールが揃っていたりして、ファンには有り難いのですが、その分価格の上昇が顕著。最近の価格上昇にはさすがについていけないとことがあります。細かい仕様まで作り分ける拘りは理解できるのですが、16番鉄道模型ユーザーの裾野を広げることも大切かと思います。

Img_1722

| | コメント (0)

2021年1月31日 (日)

24系25形車番転写

 今朝、5時に鹿児島を出てこちらへ帰ってきました。車の温度計で最低の場所は-2度、私が住んでいるあたりは2度でした。いつものことですが最短コースの山道は避け、低い峠越えの迂回コースをとっています。時間は少々余分にかかりますが、のんびり走ることができます。
 KATOの24系25形0番台のインレタ転写を始めました。都城・新大阪間の「彗星」の基本編成7両です。各々いろいろな転写方法があるようですが、私は切り出したインレタを爪楊枝で調整しながら所定の位置に据え、中央部の文字から軽く押さえながら外方向の文字へと移動し、仮粘着させたところで少しずつ押しを強くするという方法をとっています。新系列のブルトレは下の裾から3.2ミリの高さとなります。

Img_1719
 転写が終わりました。車番が入ると車両に命が吹き込まれた感じがしますね。車体表記は、鉄分の高い者にとってはひとつの萌えです。日向路をたどっていた頃を思い浮かべながら作業を行っています。
Img_1720

| | コメント (0)

2021年1月30日 (土)

収納を考えなくては

 永らく使い、昇天してしまったパソコンをリネットジャパンの無料回収に出しました。箱は縦横高さ140センチ以内、重さ20キロ以内ということでしたが、ぎりぎり収まりました。データ消去を依頼しましたので、費用はその分の税込3300円のみ。自宅まで宅配業者が回収に来てくれるのはありがたいです。
 現在の住宅から撤収し、定住まで2か月となりました。今日も、荷物の整理を進めました。トラムウェイのキットを組み立てたレム5000も薄いポリ袋に包み、さらにプチプチで包んで小さな段ボール箱へ。とりあえず順次、実家の使っていない部屋に運び込んでいますが、落ち着いたら元箱に入っている車両も含め、収納方法を考えなくてはなりません。鉄道関係の本と模型で2部屋を占領していますので、楽しみながら対策を考えたいと思います。

| | コメント (0)

2021年1月28日 (木)

彗星の車番

 今日は一気に寒くなりました。北風が吹き、夕方のウォーキングは歩く向きによっては息もできないくらいでした。明日は真冬に戻るとの予報です。Plumが小湊鉄道の車両を製品化しますね。今回は1両で完結する車両ですので、食指が動きます。基本的にはディスプレイモデルですので、軌間はスケールどおりの仕様にもできるようにパーツを入れてもらえるとよいのにと思います。
 寝台特急「彗星」として購入したKATOの24系25形に車番のインレタを貼らなくてはなりません。調べたところ、製品に入っているインレタの番号は当時、宮原客車区に配置されていたものが殆どでした。所属も妻面に「大ミハ」と印刷されています。当初、電源車は100番台にしようかと思っていましたが、既に109を転写済み。この車番の配置は実際に大ミハにはないようです。まだ車番を転写していない0番台に戻そうかとも思っています。

Img_1718

| | コメント (0)

2021年1月27日 (水)

トラムウェイから対応品到着

 トラムウェイからオハユニ61のインレタとデカールが届きました。ご存じの通り、オハユニ61の郵便マークの白地の表現がなされておらず、赤い郵便マークのみが印刷されているというエラーです。発売されてすぐにネット店から宅配便で届いていましたが、PCのダウンでトラムウェイへの連絡が遅くなっていました。封書で届きました。メッセージは入っておらず、対応品のインレタとデカール及び取説が透明な袋に入っていました。表に見えている3枚がインレタ、透けて見えているのがデカールです。2両購入していましたので、2セット届きました。

Img_1715
 インレタは予備1枚を含め3枚。それに対し、デカールは予備多数に加え、郵便文字表記付きと急行形気動車のヘッドマーク?のおまけ付き。有り難く活用できる人はいかほどか。
Img_1716



| | コメント (0)

2021年1月25日 (月)

80系「いなほ」9両全車両

 朝夕の冷え込みは緩く、日中は気温が上がりました。夕方、歩いてきました。昨日、一昨日と歩けなかったので最初は足に痛みが来ました。ほどなく痛みは去って行きましたが、ペースを落として歩きました。今日でひと月歩いた距離は100キロを超えました残り5日ありますので、延ばしていきたいと思います。
 80系「いなほ」の全車両を1号車から並べます。一応、落成公式写真?ということで。既に手元を離れ、鹿児島へ輸送されています。編成となってレール上を駆けるのはいつの日のことでしょうか。4月以降、その環境を少しずつ整えていきたいと思います。

Img_1705
Img_1706
Img_1707
Img_1708
Img_1709
Img_1710
Img_1711
Img_1712
Img_1713

| | コメント (0)

2021年1月23日 (土)

80系「いなほ」作業済み画像6

 雨模様の一日。一歩も外に出ずに巣ごもりでした。キハ80系「いなほ」の先頭車キハ81です。

Img_1695
Img_1697
Img_1701
Img_1699
Img_1702
Img_1698
Img_1703
Img_1704

| | コメント (0)

2021年1月22日 (金)

80系「いなほ」作業済み画像5

 今日は春を思わせるような陽気になりました。大寒を過ぎ、これから暖かくなる方へと季節も移っていきますね。新型コロナウイルスも春の訪れとともにその勢いを弱めてくれるといいのですが。新型コロナウイルス感染防止のため、来週行われる研究会が紙上発表のみで中止、来月行われる永年勤続者の表彰式も中止になりました。この週末も巣ごもりとなりそうです。
 キハ80系「いなほ」の3号車、キハ82900です。グリーン車からの改造車で、編成のアクセントとなります。中間に入るため、列車名称板は白、貫通幌取付けです。スカートのウェザリングはこれからです。

Img_1683

Img_1684

Img_1690

Img_1688

Img_1693

Img_1691

Img_1692

| | コメント (0)

2021年1月21日 (木)

80系「いなほ」作業済み画像4

 キハ80系「いなほ」のキシ80です。赤っぽい成形色だった椅子を黄色にしました。テーブルの表面も白くしました。Img_1678

 車番は実車の写真を見て位置決めしています。

Img_1682
 ルーバーや点検蓋などは墨入れしてあります。
Img_1681
 業務用扉付近。
Img_1680
 食堂車ならではの賑やかな屋根。
Img_1679

| | コメント (0)

より以前の記事一覧