その他

2018年5月12日 (土)

これから

 年度初めの日々が落ち着くにつれ、生活リズムも従前のものに戻りつつあります。朝の時間を模型の時間として十分活用できるように計画的に進めていきたいと思います。今後、模型の楽しみ方をどのように展開していくかということも、そろそろ見通しを立てなければとも思います。転勤生活もそろそろ終着駅が遠くに見えてきていますので、車両の保管方法や場所等も考える必要が出てきました。

 息子から就職の内定が出たという知らせがありました。東京あるいは横浜が勤務先になりそうだということでした。これまでも6年間東京で学生生活を送ってきましたが、関東圏の電車を楽しむ機会が今後もありそうで、楽しみが増えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月11日 (金)

秘密の・・・

 出勤しようと玄関を開けると目の前にイタチが。とんとんとんと走っていくその口には小さなネズミ。朝ごはんにありつけたようです。昨日の朝も、職場で2匹のいたちが歩き回っているところを目にしました。自然が豊かなんですね。

 昨日のテレビ番組「秘密のケンミンSHOW」で鹿児島のガネが取り上げられました。取材先のT家に遊びに行っていた娘がちらっと映っていました。

Dsc_0178

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月10日 (木)

交替劇

 昨日は昼過ぎ、2時間ほど外で作業をしたろころ、すっかり疲れてしまいました。暑くなってきましたので体にこたえるのかもしれません。

 電気機関車EXの冒頭に昭和59年の東海・山陽筋の荷物列車牽引機がEF58からEF62に交替したときのことが詳細に記されていました。誰もが予想しなかった交替劇に驚いたものです。現場での対応が興味深く、苦労と工夫や思いが伝わってきました。

 弊鉄道にも篠ノ井機関区仕様のEF62が在籍しています。未だ工場入りしておらず運転整備ができておりません。

 E231系の作業は、1号車のATS標記と運転室ドアの運転室マークと運転室窓の編成番号のインレタ転写のみでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月31日 (土)

110番の家

 駐在所のおまわりさんが旗を届けてくれました。「110番の家」の旗。ここの住宅は110番の家になっていますので、道路に面したところに立てておかなければなりません。
今日で平成29年度が終わります。この1年間に処理できた車両は153系、モハ40系、115系、そして作業途中のものがトワイライトエクスプレスとなりました。車両数にすると22両が終了、10両が途中ということになります。来年度はもう少しペースが上がるといいなと思います。

Dsc_0785

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月28日 (水)

男淵・女淵の滝

 異動の時期になりました。転出する職員を見送り、新しい職員を迎える諸々のことが同時進行です。慌ただしい時期ですが新しい風が吹き始める時でもあります。

 模型店から入荷とそれに伴う支払いのお知らせが届きました。2系列の車両の発売が重なり、思わぬ出費となりました。

 あまり期待せずに行った中種子町にある男淵・女淵(おぶち・めぶち)の滝。思った以上に森が深く、幻想的な場所でした。先入観をもつのは禁物と反省しました。二つの滝が続けてあります。落差はそれほどありません。しかし、滝壺が結構立派で、独特の雰囲気があります。こちらは上にある滝。男の方でしょうか。

Dsc_0749
 こちらは下の方。遊歩道から見える様子です。正面がちに二つの滝を撮るには、別の場所からアタックしなければならないようです。自然のままですので、一般の人には無理と思われます。カメラの設定を調整し、シャッター速度を落として撮影しました。

Dsc_0754

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月27日 (火)

戸畑の赤煉瓦煙突

 年度末になりいろいろ行事などが多く、模型の方はいっこうに進みません。先日、久しぶりに島の中程まで車を走らせてみました。

 中種子町増田にある戸畑の煙突。赤煉瓦で作られた高さ10メートルほどの煙突です。九州海軍航空隊種子島基地跡に立っています。

Dsc_0747
 1辺が75センチで、当時は上まで鉄製のはしごがかけられていたそうです。また、上部にはB29による砲弾跡もあると説明板に記されていました。

Dsc_0746
 この遺構は、烹水(ほうすい)所の基礎部分と煙突からなります。写真に写っている部分は、浴槽です。兵士や施設部の人たちが使っていました。手前と同じような浴槽が奥にも設置されています。

Dsc_0743
 右下はかまど跡です。この地には施設部や烹水部の建物が多数建てられ、学徒動員で招集された国民学校や女学校の生徒も宿舎に入り、食事を宿舎に運ぶなどの仕事をしていたそうです。
 終戦後、米軍により破壊されました。

Dsc_0744

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 1日 (木)

一足早く

 早いもので3月になりました。「1月はいく、2月はにげる、3月はさる」といいますが、言葉の通りに本当に早く感じます。昨夕から春の嵐となり、台風のような風雨が吹き荒れました。一夜が明け、嘘のように青空が広がり、朝日がまぶしい朝となりました。
 昨晩、住宅の窓に何か気配を感じ視線を移すと、そこにはアマガエルの姿がありました。今年の啓蟄は3月6日。一足早いお出ましとなりました。ウグイスの鳴き声が聞こえたりミツバチやテントウムシを見つけたりと春の訪れを感じることが多くなりました。
 今日は高校の卒業式。卒業の春です。よい天気になって何よりです。

Dsc_0453

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月28日 (水)

H‐ⅡAロケット38号機打ち上げ

 昨日、延期になっていたH‐ⅡAロケット38号機が打ち上げられました。予定通り日曜日に打ち上げられていましたら発射場近くの見学場所まで行くつもりでしたが、平日となりましたので叶いませんでした。職場からの見学になりました。
 午後1時34分、予定の時刻に打ち上げられました。同じ島ですが距離がありますので、かなり小さく見えます。画像をクロップしてようやくこの程度です。数分してからごうっという地鳴りのような音が響いてきます。

Dsc_0426
 尾を引く煙も出なくなり、一度見失うと肉眼で追うのは難しくなります。これくらいの位置になると、水平線の方へ落ちていくような見かけの動きになります。左下に写っているのがロケット本体。メインエンジンの炎でかろうじて位置が確認できます。そして、その右側上に見える2本の薄い白い筋が切り離された補助ロケット。

Dsc_0430

 風の影響でうねっていますが、航跡が青い空に浮かび上がっていました。今回も打ち上げ成功となり何よりです。

Dsc_0432

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月22日 (木)

多様性

 模型作業はここ二日ほどウヤ。出勤前に5分ほど、レールオンしている115系と153系を周回させています。鉄分のない島ですので、貴重な鉄分補給の機会です。朝食と合わせて一日の栄養源になりそうです。レールのほか何もないお座敷運転ですが、それだけに創造を膨らませながら走らせることができるような気がします。ぜいたくを言えばきりがありませんが、レールだけでも結構楽しめるものだなあと最近、思うようになりました。軽快なジョイント音を響かせながら走る姿と実物の姿がオーバーラップする朝のひとときです。

 以前読んだ本を引っ張り出して読みなおしています。読めばそうだった、こんなことが書いてあったと思い出すのですが、すっかり頭の奥の引き出しにしまい込みすぎ、再読しなければ二度と蘇ることのないものがほとんどです。「働かないアリに意義がある」を再読しています。コロニー内の個の多様性がコロニーの存続に欠かせないという研究結果が記されています。刺激や状況に対して反応して行動を起こす程度が個によって違うことが、集団として効率よく活動することにつながっているそうです。
 水戸岡氏が鉄道車両を設計する際に大切にしているコンセプトが多様性であると本に記してあったように記憶しています。人間も十人十色、この多様性がストレスになることもありますが、種の繁栄のためには必要なことのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月21日 (水)

床屋

 夕方、床屋に行ってきました。こちらの島の狭い市街地には驚くほど多くの床屋があります。昔ながらの店構えの店も多いですので、高齢の方が営んでいる店なのかもしれません。4回目ほどになるかと思いますがいつもの店へ。
 私が行っている店は予約ができません。実際の来店順に椅子に腰かけて待つ形になります。こちらの島はこれが一般的なのかもしれません。これまですぐに切ってもらえたのですが、昨日はお客が多く、2人整髪中で1人待っているという状況でした。人気店?なのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧